BLOG

2017.9.23(土)国立市room103にて開催された、WRAP@国立~One day only popup shop~。お蔭様で無事に終了することができました。足を運んで頂きました皆様、本当にありがとうございます。今日は、感謝の気持ちを込め、素敵な出店者様たちの当日の様子を、少しレポートしたいと思います。


※会場入り口からご紹介※

■ハナミドリ&枝屋(季節の切り花とスワッグと)

今回、季節の切り花とスワッグを提供してくださった西新宿の“ハナミドリ”、西荻窪の“枝屋”さん。展示の仕方ひとつとっても、センス抜群!見ているだけでワクワクするようなアレンジばかりでした。

秋を感じさせてくれる実や、ハロウィンのかぼちゃ、雰囲気のあるスワッグなど、目移りしてしまいます。

テーブルの上に並ぶ花束も、少し楽しんだらドライフラワーでも楽しめそうなものばかり。やはり、花のある生活、素敵でした。

■atsumi(刺繍作品)

刺繍作家のatsumiさん。その佇まいも本当に素敵な方で、ブースに座っているだけで別空間が広がっていました。

atsumiさんの代表作でもある、お名前で似顔絵を刺繍する“なまえかお”刺繍オーダーはやはり大人気!

この日のためにご用意して下さったブローチやピアスなども本当に素敵でしたよ。当日は、実際にatsumiさんの刺繍姿も見ることができ、ファンにはたまらない時間でした。

■EWER OLD CLOTHES&FABRIC(Vintage&Antique)


イギリス、フランス買い付けのヴィンテージディーラーのEWER OLD CLOTHES&FABRICさんは、アークヒルズの蚤の市でも大人気のお店。ヴィクトリアンから90sまで、ヨーロッパで買い付けてきたお洋服からアクセサリーにいたるまで、服の持つ力や面白みを強く感じるものがたくさん!

アクセサリーが並んだこのトレーも、ヴィンテージだそう。宝石箱のようです!

ちょっと大人テイストのスカーフやネックレスも素敵でした。

世界観にぴったりの、お花や、今流行りのハーバリウム(植物標本)も持ってきてくださいました。自分好みの掘り出し物を見つけるのもまた楽しいひと時ですよね。

■STUDIO HATCH(お茶と暮らしまわり)

秋の夜長を楽しむのにもぴったり、カクテルなどのアルコールドリンクをイメージしたちょっぴり大人のオリジナルブレンドルイボスティー(ノンアルコール)を提供してくださった「STUDIO HATCH」さんは、試飲はもちろん、香りのサンプルまでご用意いただきました。

色々比べて自分の好みを選べるのも嬉しいですよね!

そして、このほかに、モロッコから買い付けたという雑貨類もお持ち頂きました。生活を楽しむヒントがたくさんありました!

■AMBESSA&co(ドライフルーツ)

世界中から集めた上質なオーガニックドライフルーツやローナッツをご提供してくれる、ドライフルーツ&オーガニック専門店のAMBESSA&CO / アンベッサさま。FBでは更新しましたが、当日中央道の渋滞でお昼頃の到着となりました。到着するなり、待っていて下さっていた方が行列となりました。

詰め合わせはもちろんですが、やはり醍醐味は量り売り!この瓶につまっている様々なドライフルーツやナッツ、試食をさせて頂くと、ドライフルーツの概念が覆るようなお味です!このドライフルーツたち、オーガニック(無農薬・無化学肥料)で栽培され、添加物や保存料なども使用していないものに限定されているのが特徴。さらに、加工は必要最低限に抑え、なにも加えない、またなにも取り除かない「自然のまま」の状態で提供してくださるのですが、とにかく自然の甘み、うまみが凝縮されています。


好みのドライフルーツを選び、「ちょっとワインに合う様な組み合わせにしてください」なんていうオーダーで自分だけのドライフルーツセットを作って頂くのも楽しい時間でした。

■渡邉由紀(器)

食べ物が美味しくなる季節、ちょっと器にもこだわってみたいな。そんな気持ちにさせてくれる素敵な器を出品して下さるのは、多くの雑誌に掲載され、有名セレクトショップでも取り扱われているほどの人気作家である渡邊由紀さん。今回イベント会場に一番乗りで到着され、ご用意してくださりました。

角皿やマグ、豆皿などの小物を中心にお持ち頂きました。日々の生活の中でいつも傍にあって心地が良い器を目指して制作しているという渡邉さんの器たち。アースカラーを中心としたナチュラルな色合いや、どんな料理にもあうシンプルな形、ツボです。

何を盛り付けても映えそうなお皿。

渡邉さん、ハナと枝さんのお花を生けていらっしゃいました。花器とぴったり、素敵です!器の魅力を存分に味わわせて頂きました。

■旅するパティシエ(世界のおやつ)

当日のブレイクタイムを担当してくださったのは旅するパティシエ(世界のおやつ)さん。50カ国以上を訪ね、500種類以上の世界の郷土菓子と出合った経験から、帰国後は日本で「世界のおやつ」というカフェもオープンされています。準備されている姿が絵になりますね…!

当日出して頂いたケークサレやアルファフォーレスフード(フードやスイーツ)も焼きたてをご提供してくださり、ドリンクは、どれもこれもすごく美味しくて大人はもちろん、子供たちも大喜びでした。


このケークサレ、スタッフも我慢できずに頂いてしまいました。お味も2種類ご用意頂きましたが、どちらもお野菜もふんだんに使ったもので、本当に美味しかった!お食事と同じくらい、サングリアも出ていて、休日のゆったりした、和やかな時間を楽しんでいただけていましたね!

11時から19時まで。
朝はまだ小雨も降っていましたが、徐々にお天気も回復し、はじめから人が途切れることなく、夜暗くなってからもイベント会場は賑わいを見せていました。大人が会場を楽しんでいる間、テラスで子供たちが遊ぶ風景もまたアットホームで、温かな空間になりましたこと、出店者さま、ご来場の皆様に感謝いたします。

初開催となりましたWRAP@国立~One day only popup shop~。不手際もあったかと思いますが、本当に関わってくださった皆様のおかげで最後まで無事やりきることができました。
ありがとうございました!


次回、春を予定しておりますので、どうぞお楽しみにしていてくださいね!

9月23日(土)WRAP~One day only popup shop at 国立、いよいよ明日となりました!前日現時刻は雨の国立市。明日は少しでもお天気が回復することを祈りつつ、素敵な出店者の皆様と最後の打ち合わせをし、スタッフ一同気持ちを一つにしております。


明日のイベントについて、再度ご確認事項など明記しておきますので、ご一読頂ければ幸いです。


【9月23日(土)WRAP~One day only popup shop at 国立~】

★会場:room103★

〒186-0001 東京都国立市北2-13-48-103
※北口のノイフランクさんの並びになります。
 国立駅から800mほど、大人の足で10分はかかりません。


ーご確認くださいー

*一期一会の商品との出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

 ★後ほど後詳細に近隣駐輪場・駐車場についてご紹介いたします★

主催:WRAP 
お問い合わせ先:wrapkunitachi@gmail.com


★駐車場について★

イベント会場から近い駐車場は、下記2つになります。

▼TOBU PARKnonowa国立駐車場▼

こちらは北口の駐車場になりますので、そのまま立川方面に進み、遊歩道沿いを歩いて頂くと比較的近道です。
※詳細の行き方は上記グーグルマップにてご確認くださいませ。


▼タイムズ国立駅南口▼

こちらは国立駅南口になります。北口の道路にでるには2通りあり、
①nonowa内を通り、北口の道路に出て頂く
②駐車場を出て右側(立川方面)に歩いて頂き、新しい国立駅駐輪場横の細い道を右に入る。そのまま高架をくぐって北口の道路に出て頂く

どちらかの行き方がスムーズです。



★駐輪場について★
イベント会場から近い駐輪場は、下記2つになります。

▼nonowa国立第二駐輪場(北口)▼

こちらは北口の駐輪場になりますので、そのまま立川方面に進み、遊歩道沿いを歩いて頂くと比較的近道です。
※詳細の行き方は上記グーグルマップにてご確認くださいませ。


▼サイクルタイムズ国立駅南口▼

こちらは国立駅南口になります。北口の道路にでるには駐車場と同様で2通りあり、
①nonowa内を通り、北口の道路に出て頂く
②駐車場を出て右側(立川方面)に歩いて頂き、新しい国立駅駐輪場横の細い道を右に入る。そのまま高架をくぐって北口の道路に出て頂く

どちらかの行き方がスムーズです。


初開催のイベントにつき、来場頂く皆様にご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、素敵なライフスタイルをご提案したい、一緒に楽しんで頂きたい、という想いを持って皆様をお迎えしたいと思っております。


それでは、皆様のお越しをお待ちしております!

さて、最後にご紹介するのは、イベントに来て下さる方皆様にぜひ一度召し上がって頂きたい!美味しいフード&ドリンクをご提供してくださる「旅するパティシエ」です。


50カ国以上を訪ね、500種類以上の世界の郷土菓子と出合った経験から、帰国後は日本で「世界のおやつ」というカフェをオープン。インスタグラムには、世界各国の風景と共に、出会ったフードやスイーツがたくさん並び、見ているだけでも楽しい!


★当日はケークサレやアルファフォーレスなどできたてのお菓子をご用意して下さる予定です。


~当日メニュー(予定)~

▼ドリンク

アイスティ/サングリア

▼食事
cake salé/ケークサレ(フランス)

▼お菓子

Alfajores/アルファフォーレス(アルゼンチン)
Pastel de Nata/パステル・デ・ナタ(ポルトガル)



少し雰囲気は違うかもしれませんが、旅するパティシエさんのインスタグラムから当日持って来て下さる予定のお菓子をPICK UP!


★Pastel de Nata/パステル・デ・ナタ

★Alfajores/アルファフォーレス

★カフェ「世界のおやつ」も行ってみたい!
〈Adress〉東京都豊島区西池袋4-2-13 1F

世界は広い!
行ったことのない国に想いを馳せながら、美味しいものを頂ける機会はなかなかありません。ぜひ、当日のお楽しみのひとつとして皆様召し上がってみてください♪



<HP>

<インスタ>

*偶然の出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

食べ物が美味しくなる季節、ちょっと器にもこだわってみたいな。
そんな気持ちにさせてくれる素敵な器を出品して下さるのは、多くの雑誌に掲載され、有名セレクトショップでも取り扱われているほどの人気作家である渡邊由紀さん。


日々の生活の中でいつも傍にあって心地が良い器を目指して制作しているという渡邉さんの器たち。アースカラーを中心としたナチュラルな色合いや、どんな料理にもあうシンプルな形は幅広い世代に、男女問わず愛されています。


★イベント当日は、角皿やマグ、豆皿などの小物を中心にお持ち下さるそう。


今回出品して頂くものとは違うものも含まれますが、渡邉さんのHPより、イメージを感じられるお写真をピックアップさせて頂きます。



※以下HPより転載※(イメージです)

日々の生活の中で いつも傍にあって心地が良い器…渡邊さんの作る器たちは、シンプルでありながら温かみのある優しい印象の作品ばかり。「何を盛り付けよう?」そんな想像を掻き立てられる器たちに会いに来て下さい。



<HP>

<インスタ>

*偶然の出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。


続いては、秋の夜長を楽しむのにもぴったり、カクテルなどのアルコールドリンクをイメージしたちょっぴり大人のオリジナルブレンドルイボスティー(ノンアルコール)を提供してくださる「STUDIO HATCH」のご紹介です。



ノンアルコールでありながら、アルコールフレーバーという新しい世界はぜひ味わって頂きたいものばかり。香り豊かな5つのフレーバーが並びます。


★ルイボスティーとは……★

ルイボスティーは南アフリカのセダルバーグ山脈一体にのみ自生するお茶で、ノンカフェインなだけでなく、腸内環境を良好に保ち、美容や美肌、花粉症やアトピー性皮膚炎にも効果が期待されている、小さなお子様からお年寄りまで安心して飲んでいただくことができるお茶です。 



当日はモロッコから買付けた食器や雑貨も持って来て下さるそうでそれもまた楽しみですね♪


目覚めの一杯に、
美味しいお食事やデザートと一緒に
美容や健康を考える毎日の習慣に、
お茶を飲んで一息ついたら、素敵な閃きがあった
『大切にしたいあなたの時間』
お茶と共にある素敵な暮らしを「STUDIO HATCH」は提案致します。


ぜひお気に入りのフレーバーを探しに来てください!


<HP>

STUDIO HATCH

「STUDIO HATCH」 2009年に、東京都にある祖父母の活版印刷工場を夫婦でリノベーションしたスタジオを立ち上げました。「料理教室」「お茶教室」「貸しアトリエ」という3本の柱で活動していくことになり、みつばちのようによく動き、蜂の巣のように幾つもの巣が増えていくよう願いを込めて、また、料理に使う甘味には殆ど「はちみつ」を使用していることや、数字の「八」は末広がりで縁起が良いといわれることから、スタジオに「STUDIO HATCH」と名付けました。 ロゴは、漢字の「八」とみつばちの「∞」を合わせ、フォントはスタジオにある古いドイツの活版印刷機「HEIDELBERG」のタイポを参考にしたオリジナルです。 現在は、料理やお茶のWorkshop、スタジオレンタル、ケータリングやフードコーディネート雑誌のイラストやアパレルブランドとのコラボレーションなどを中心に活動しています。 2012年より、小さなお話しとイラストによる夫婦展示も始めました。 主宰 藤崎みりか フランス菓子・フランス家庭料理・紅茶・日本茶・中国茶を学び、アンティークショップ、CAFE勤務を経て独立。 ARTWORK担当 藤崎裕人 アートワーク担当、イラストレーター。 絶滅危惧種の動物達を中心に、ドローイングを主に細かい柄、模様(体色)などを好んで描く。オリジナルブレンドティーのパッケージイラストを手がけている。 hirotofujisaki 公式サイト http://www.hirotofujisaki.com/ STUDIO HATCH ORIGINAL BLEND ROOIBOS TEA 2015年11月発売 デザイン:アカオニデザイン 小板橋様 イラスト:藤崎 裕人(STUDIO HATCH) ポエム:藤崎 みりか(STUDIO HATCH 主宰)

STUDIO HATCH

<インスタ>

*偶然の出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

先週まで荒れていたお天気も、イベントに合わせたように秋らしい空気が気持ちよくなってきました!


今回、季節の切り花とスワッグを提供してくださるのは西新宿の“ハナミドリ”、西荻窪の“枝屋”さん。この2つの花屋さんは、アレンジもセンスも本当に素敵で、多くの雑誌にも取り上げられているほど。また、「ハナと枝」としてコラボし、植物にまつわるワークショップやイベントも多数開催されているんです。



イベントに向けて、とっておきのお花を準備して下さっているそう!
とても楽しみです♪

最近発行されたこちらの本にも参加されているそうです♪

どこか温かみがあり、ちょっと個性もあって、どれもこれも欲しくなるアレンジがとにかく魅力的なお花たち。「お花のある生活を楽しみたいな」そう思って頂くきっかけになるはずですよ。楽しみにしていてくださいね!


<ハナミドリHP>

<枝屋HP>

<ハナと枝HP>

<ハナと枝インスタ>

*偶然の出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

お洒落が好きな方であれば絶対に見逃せない!
イギリス、フランス買い付けのヴィンテージディーラーの
EWER OLD CLOTHES&FABRIC(Vintage&Antique)。


ヴィクトリアンから90sまで、服の持つ力や面白みを強く感じるものをピックされています。
時を経て、なお輝くお洋服たちの魅力は、やはり聞くと見るとでは全く違うもの。


今回出品されるものとは違いますが、EWER OLD CLOTHES&FABRICのインスタグラムから、少しだけ、お洋服の風合いを感じられるお写真をピックアップしました。

展示されるだけで、なんとも素敵。独特の空気感が漂います。
今回のイベント会場ではここまで大きな展示はできませんが、厳選されたお洋服たちをお持ち頂けるとのことなので、とても楽しみ!



時を渡り、海を渡った洋服とアクセサリーたちに会いにきてくださいね。


<HP>

<インスタ>

*偶然の出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

世界中から集めた上質なオーガニックドライフルーツやローナッツをご提供してくれる、ドライフルーツ&オーガニック専門店のAMBESSA&CO / アンベッサさま。


★当日は量り売りを実施して下さる予定です。
★保存容器をご持参頂ければ嬉しいサービスも!


こちらの商品は、原則としてオーガニック(無農薬・無化学肥料)で栽培され、添加物や保存料なども使用していないものに限定されているのが特徴です。

さらに、加工は必要最低限に抑え、なにも加えない、またなにも取り除かない「自然のまま」の状態で提供。 たとえば、スパイスはホールのまま、ドライフルーツは枝付きやヘタ付きのまま、そしてナッツはローストされていない生の状態のまま……というように、 作物本来の「PURE」な姿やテイストそのままにこだわっているものなのです。


どんなドライフルーツなの?
ということで、AMBESSA&CO / アンベッサさまがお取り扱いになっているドライフルーツを、いくつかHPやインスタグラムからご紹介させていただきます。


※以下HPより転載※



★Pakistani Royal Cherry(パキスタニ ローヤル チェリー)★

パキスタニ ローヤル チェリーはパキスタン北西部ギルギット・バルティスタン州の最北部フンザ・ナガール地区・アリアバッド村の生産者Hunza Dry Fruits Companyによって極めて自然に栽培され、伝統的な製法で天日乾燥させた桜の果実です。栽培方法から加工方法まで全工程を監修し、わたしたちが理想とする商品を生産者と協力しながら作り上げました。


詳細はこちらの商品ページにも書いてありますが、一例とっても、こんなにも瑞々しいフルーツから作られたドライフルーツ、美味しくないわけがありません!


★Pakistani Red Apple Five Star  パキスタニ レッドアップル・ファイブスター★

パキスタニ レッドアップル・ファイブスターはパキスタン北西部ギルギット・バルティスタン州の最北部フンザ・ナガール地区・アリアバッド村の生産者Hunza Dry Fruits Companyによって極めて自然に栽培され、伝統的な製法で天日乾燥させた赤林檎です。栽培方法から加工方法まで全工程を監修し、わたしたちが理想とする商品を生産者と協力しながら作り上げました。


無農薬・無肥料栽培の林檎を丸かじりしてほしくて、「一物全体」の考えを基に、皮や芯、種も残して天日乾燥させたということです!大地の恵みをそのまま頂けるなんて、素敵な贅沢!


AMBESSA&CO / アンベッサさんが提唱する、「純粋で自然であること。そして自然と調和した環境と方法で育った作物は生命力にあふれ、美味しく、健康的である。」という想いが詰まったドライフルーツたちを、ぜひ一度味わってみてください。


organic raw nuts for the king #maharaja #rawnuts #organic #ambessa

A post shared by AMBESSA & CO (@ambessaandco) on

A concept of Glass Jar Series is 3R #reduce #reuse #recycle #maharaja #ambessa

A post shared by AMBESSA & CO (@ambessaandco) on

<HP>


<インスタ>

*偶然の出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

出店者の皆様も出店の準備を着々として頂いていて、ウキウキが止まりません。
最初はatsumi(刺繍作品)さんのインスタグラムから♪

atsumiさんの作品は、一針一針に込められた温かさはもちろんユーモア、可愛らしさ、上品さがあるものばかり。
WRAPでは、atsumiさんの代表作でもある、お名前で似顔絵を刺繍する“なまえかお”刺繍オーダーも受け付けています。刺繍ファンの間では有名なこちらの作品、本当にほっこり愛らしく、温もりあふれる雰囲気で、自分用にも贈り物にもぴったり!


※以下インスタグラムより転載※


ひとつとして同じものはない「なまえかお」、作品を見ているだけでも幸せな気持ちになります。


ご兄弟での「なまえかお」。

ご家族での「なまえかお」。

新婚さんの「なまえかお」。

その他にも、素敵なアクセサリー小物類たちも持って来て下さるそうです!今からどんな作品に会えるのかワクワクしますね♪


atsumiさんのインスタやHPでも、素晴らしい刺繍の世界観がアップされていますので、一度ぜひご覧になってみてください。


<HP>

<インスタグラム>

*偶然の出会いを逃さないためにここで再度お知らせです。
 当日、クレジットカードのご利用はできません。
*ご来場の際はマイバック持参にご協力ください。
*会場には駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお勧め致します。
 お車でのご来場のお客様は会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

9月23日(土)WRAP~One day only popup shop at 国立~の会場となるroom103さま。

★room103★
〒186-0001 東京都国立市北2-13-48-103

素敵な古道具・古家具を扱われている LET 'EM INさまが運営されているこのスペースで皆様をお迎えします。HPにて、WRAPの件も紹介して頂きました。

http://room103.letemin.jp/future/170923/

当日、この会場で皆様とお会いできることを楽しみににしております!

いよいよ1ヶ月後に迫った「9.23開催!WRAP@国立~One day only popup shop~」皆さんに世界観をお届けすべく、出店者様のお写真、プロフィールなどを盛り込んだチラシを作成いたしました!これから国立エリア中心に、さまざまな場所に置かせて頂きますので、見かけたらぜひお手にとってご覧くださいませ!

50カ国以上を訪ね、500種類以上の世界の郷土菓子と出合った経験から、帰国後は日本で「世界のおやつ」というカフェをオープン。当日はケークサレやアルファフォーレスなどできたてのお菓子をご用意致します。

〈メニュー〉
▼ドリンク
アイスティー/サングリア

▼食事
cake salé/ケークサレ(フランス)

▼お菓子
Alfajores/アルファフォーレス(アルゼンチン)
Pastel de Nata/パステル・デ・ナタ(ポルトガル)

<HP>

<インスタ>